札幌市の遺品整理.com札幌 別館(遺品整理スタッフブログ)
中沢教授の「遺品整理」ブログ

Posts Tagged ‘高齢化’

自宅で最期を・・ 千歳市で看取り士~柴田久美子さんの公演

火曜日, 6月 18th, 2013
お久しぶりの中沢です。

本日6月18日、千歳市ベルクラシックリアンにて行われました、花育家森直子さんと、看取り士 柴田久美子さんのトークショー「あなたはどこで 死 を迎えたいですか? 誰に側にいてほしいですか? “看取る人の想い、看取られる人の想い”」を拝聴してまいりました。

なごみの里の理念や活動などはリンク先を参照してください。

看取り士の柴田さんの話は興味深く、われわれ遺品整理業者とはまったく反対にいる方のようですが、根底には孤立死(孤独死)・無縁化・少子化への警鐘や日本古来のよき風習・文化などへの深い理解と敬意があることを感じました。

私がこの遺品整理という仕事にかかわっている理由のひとつは過去にも書いたことがありましたが、凄惨だったり、孤独だったり、不幸な最期を迎えた方のご遺品にかかわる機会も多く、自身の親も不幸な最期だったことから、こんな幸せな最期を迎えられる方もいるのだと関心いたしました。とても新鮮でした。

そして、ショーが終わり忙しそうな柴田さんに自分の仕事などを説明し、ひとつだけ質問させていただきました。

「片付けが進んで、お客様の中には思い出や感情から涙される方もいらっしゃいます。実は、このときかける言葉がなかなか無いのです。どんな言葉をかけてあげるのがよいのでしょうか?」と・・・

柴田さんは「苦労をねぎらう簡単な言葉でいいんですよ。大変でしたね とか お疲れではないですか?とか」といやな顔ひとつせずに応えてくれました。

考えればわかりそうなものですが、飾ったりうまい言い回しである必要などなく、そこに思いがあればそれでよいのですね。

美しいことだけではない、人の死に近い場所で働いている自分の感覚が麻痺してしまっているのか、自分の心が貧しくなっているのか、我ながら反省・・・・と、こんな優しい柴田さんに感謝の日でした。

あれから一年経ちました。遺品整理.com

日曜日, 1月 20th, 2013
こんばんは。
札幌で遺品整理といえば「遺品整理.com」!!

新人スタッフの吉住です。

 

本日二度目の投稿です。

ちょうど一年前、札幌市がとても残念なニュースの現場になりました。

http://www.47news.jp/CN/201201/CN2012012501001964.html

孤独死にはこのブログでも何回か触れてきました。

ご記憶の方もいらっしゃると思います。

 

無縁化社会と呼ばれて久しい昨今。

風化させてはいけないことですし、同じようなことを繰り返してもいけません。

行政や福祉団体でもさまざまな対策がとられております。

当社でも、遺品整理だけでなく、「便利屋もしもぼっくす」として、お力になれることがあると思います。

が、まずは、お一人お一人が家族親戚に今一度心を寄せることが大事ではないでしょうか。

 

まずは私自身、自らを省みて、一年前のこの日に思いをはせたいと思います。

北海道における老老介護の実態 北海道ホームページより

日曜日, 12月 12th, 2010
北海道WEBサイトに高齢者が高齢者を介護する老老介護実態調査結果という情報が掲載されています。

老老介護とは、高齢者が高齢者を介護または看護せざるを得ない状況を指し、高齢化した日本では珍しいことではないでしょう。

親子、夫婦など状況はさまざまでしょうが、このような老老介護のケースでは介護疲れから事件に発展したり共倒れしたりすることが懸念されます。

北海道が公表している調査結果に目を向けると、まずその調査の母数が気になります。

「道内の地域包括支援センター、北海道認知症の人を支える家族の会及び北海道デイサービスセンター協議会が対象世帯を選定の上、調査票を対象世帯へ配付し、郵送により調査票を回収。」
とあり、アンケートの有効回答数がなんと28.4%です。

この28.4%にあたる1000件強のアンケート結果から介護者と被介護者や世帯についての概要について報告を進めていますが、残りの70%の方はどういった環境の方々なのでしょう?

介護している理由は、80%の人が自分しかいないという理由になっています。

詳しい報告書は北海道のWEBサイトよりダウンロードして閲覧することが可能です。


高齢者が高齢者を介護する老老介護実態調査結果の概要(PDF)

高齢者が高齢者を介護する老老介護実態調査結果(PDF)

こういった調査がどれくらいの信憑性を持つのかわかりませんが、現状の一端をあるいは多くを反映しているでしょう。

遺品整理.comは、遺品の片づけが仕事ではありますが、こういった問題についてもしっかり勉強し、ご遺族様・故人様の置かれた立場や状況をすぐに理解して力になれることを探したり、提案できる業者でありたいと思います。

札幌市と孤独死

火曜日, 10月 26th, 2010
こんばんわ。

札幌市で起こっている孤独死の推移が知りたかったのですが、うまく情報を見つけ出すことができませんでした。

年間に一体何名の方が孤独死という末期を迎えてしまったのか・・・増加の傾向や時期などを知りたかったのですが・・・^^;

代わりと言っては何ですが、少し参考になる情報と孤独死に向き合っているのかどうかはわかりませんが、多分NPO法人さんのサイトを見つけました。

まずは、孤独死に関する数値の掲載された情報として、URの東京足立区花畑団地の孤独死数について数値を紹介しているブログがありました。

出処はよくわかりませんし、他人さまのブログでの記事なので内容までは確認していませんが、おそらくは大丈夫なのではないかと・・
URは全国で約1800団地77万戸の賃貸住宅を管理。URが統計を取り始めた99年度の孤独死は207人だったが、毎年増え続け、最新の06年度では517人で2・5倍に膨らんでいる。
  引用元:金杉文夫のリョーガン・マーケット(竜頷市場)

7年間で2.5倍・・・一体今はどれくらいの人が孤独死という状況で亡くなられているでしょうか

次は、札幌市で孤独死の防止や高齢者のための仕組みづくりに取り組むシーズネット北海道です。

無縁社会などの問題に対する講演会なども行われているようです。

札幌市にこういった団体があることに少し安心しましたが、ここを利用している・利用できる高齢者が一体どれくらいいるのだろうか・・・

そこがポイントになるのではないでしょうか。

遺品整理の必要性

火曜日, 6月 29th, 2010
こんにちわ

突然ですが、遺品整理業者は必要でしょうか?

実際に自分が遺品整理業者ではなかったら答えは半々でしょう・・・

しかし、自分が巡り合った遺品整理という仕事は、自分の肉親に起こった出来事などを考えると必然だったのでしょう。

自分は必然という言葉をあまり意識したことはありませんが、今までの人生を振り返るターニングポイントである遺品整理という仕事との出会いは必然だったと確信しています。

いつの日か絶対に人は死にます。

悲しい現実ですが、これだけは逃れられません。

またもや源さんの受け売りですが、時間だけが世界のどの人間にも平等に与えられたものである。

そして、その人の時間がとまるときが必ず来ます。

経済が高度に発達すればするほど、遺品整理という仕事は必要になってくるでしょう。

高齢化・少子化・人間関係の希薄化は経済大国とか先進国といわれている国にしかない問題です。

この仕事の需要が増えるのは歓迎ですが、なにかさびしい気もしますね

遺品整理の仕事の需要は?

金曜日, 5月 28th, 2010
こんにちわ。

私が携わる遺品整理の仕事ですが、将来的にいったいどれ需要がどのように変遷していくのでしょうか?

情勢、同業他社さんの話、受注の動向などから考えてみました。

自分が住んでいる札幌市の人口は、平成22年5月現在で1,908,613人。

前年の同時期に比べ7,000人ほどの増加です。
この増加要因はほとんどが転入ですね。
北海道の人口は減少しているのに、更なる不景気で都市部(特に札幌)に人口が集まってるんでしょうか・・
北海道の調査によると、平成42年には現在より95万人少ない468万人ほどになってしまうとか・・。
そうなると、北海道の人口の半分が札幌に集まる時代がすぐにやってくるかもしれませんね。

高齢化と並んで札幌市での不用品の廃棄処分に関する規制の変化も我々業者に依頼される要因になっていると思います。

札幌市は、全国的に見ても環境(この場合ゴミの廃棄)に厳しい都市です。
住んでいると実感できませんが、ごみの処分場の受け入れは非常に厳しく、我々のような遺品整理業者でも、やりづらいと感じることがあります。

同じ遺品整理業者であるA社の方とお話した時に、一間くらいの小さな部屋の遺品整理はかなり増えているとのことでした。

たしかに、自分のところに来るお問い合わせも着実に増えています。

高齢化や不要品の廃棄にかかる規制などから考えるに、遺品整理の需要は増えていくでしょう。

自分の仕事の市場が増えるだろうとの予測は喜ぶべきことなのですが、反面高齢化社会の問題にもなっている孤独死などの件数も増えるのかと思うと、喜んでばかりもいられません。

孤独死は、感情的・物理的・経済的に周囲の負担が大きいできごと(事件)です。

周囲の目があり、すぐに発見されればまだしも、時間が経過して発見された場合は本当に大変です。

遺品整理の仕事というと何かとネガティブな印象を持ってしまうかもしれませんが、お客様と笑いながら仕事が出来る、そんな仕事が半分くらいになればいいと願います。