札幌市の遺品整理.com札幌 別館(遺品整理スタッフブログ)
中沢教授の「遺品整理」ブログ

Posts Tagged ‘遺品’

お焚き上げもできます。遺品整理.com

日曜日, 12月 30th, 2012
こんばんは。
札幌で遺品整理といえば「遺品整理.com」!!

新人スタッフの吉住です。

雪道での渋滞が少し解消されてきた札幌市内です。

そんな中でも、移動中の車内から「お焚き上げ承ります。」の看板が目につきました。

いらなくなった雛人形などの日本人形を「持ち込み」でお焚き上げするようです。

ただ、雛人形といえども千差万別。

小さいものなら持ち込みも難なく行えると思いますが、7段飾りなどになると一筋縄ではいかないことも。

遺品整理.comのある「便利屋もしもぼっくす」なら、お焚き上げ品の訪問引き取りも行っています。

遺品整理の現場でも、故人の愛用品のほかに日本人形をお焚き上げになさるお客様も多いんですよ。

一つの依頼先で、さまざまなお客様のご要望にお応えできる、遺品整理.comです!!

こちらに当社の特徴をまとめました!ご覧ください!!

お客様の声に遺品整理.comのある「便利屋もしもぼっくす」が力になります!

 

遺品整理.com

【便利屋もしもぼっくす】の遺品整理事業部です。

携帯電話からでも24時間対応可能なフリーダイヤルへ

0120-828-964

お焚き上げ供養をとりおこないました

土曜日, 9月 17th, 2011
去る9月14日、仏壇・仏具・神棚・人形・お布団・などなど、お預かりしておりました品々のお焚き上げ供養を行いました。

お焚き上げには実際に火を使えませんので、ご祈念いただいた後に適切に処理させていただきます

お焚き上げ供養

お仏壇など以外にも、御遺影などもお預かりしております。

故人さまの思い出の品や、長くご家庭にあったお人形などもお焚き上げ供養のご依頼を頂く機会が多い品です。

付喪神というのでしょうか?
長く家にある品にはそれを憑代として神が宿ると考えられた名残でしょうか。

もし、長くお宅にある品で、普通に捨ててしまうことに抵抗がある品がありましたら、遺品整理.comまでお問い合わせください。

お問い合わせは 0120-828-964(便利屋もしもぼっくすと同じです)

本日の遺品整理 札幌市北区の2階建て一軒家

火曜日, 8月 16th, 2011
こんばんわ。

本日は、札幌市内北区某所の一軒家さんの遺品整理へ伺いました。

お住まいになっていたのは、年配の女性です。

ご遺族はすでにそれぞれ独立しており、別な場所にお住まいになっております。

晩年、なかなか片付けなどがはかどらず、結構散らかってはおりましたが、元来几帳面な方のようで、物がおおむね同じような場所に整理整頓されているのでした。

二階はすでに物置状態でした。

部屋の中にある物は、ほとんどが古いもので、家具も本も昔の物が多かったです。

書道の先生をされていたようで、立派な軸に作品がしたためられていました。

書状や楯もたくさんありましたので、有名な方だったのかもしれません。

片付けながら、写真がたくさんありましたので保管させていただきました。

写真を片付けながら、いつも思うのですが、亡くなられた方が大切にしておられた昔の写真は、是非一緒にしておいてあげてほしいと思うのです。

家族(場合によっては依頼者様の幼少のころの写真)などもよく見かけます。

自分も人の親ですので、親心はなんとなく理解できるので、これが残されていると悲しくなってしまいます。

なにかに挟まっていることもありますので、全て完璧に写真を分別できるわけではありませんが、出来る限りの片付けも承りますので、どうか写真はお持ちになってほしいと感じました。

いまはデジカメ全盛ですので、何十年かすると写真というものがほとんどなくなってしまうかもしれません。

大切な系譜の証です。

一部屋だけの遺品整理

土曜日, 7月 23rd, 2011
こんにちわ。

今日は、風は涼しいけど、日向は暑いという典型的な北海道の夏でしたね。

本日は、一部屋のみの遺品整理にお伺いしました。

お父様が亡くなられ、ご家族(ご遺族)が今もお住まいで、本や衣類などの整理を行ってきました。

8畳ほどのお部屋でしたが、結構いろいろありました。
本・オーディオ機器・写真・カメラ・・・・

多趣味な老後を過ごされた方のよくあるパターンです。

でも、仕事一筋だった人が趣味を見つけて樹した老後を家族と過ごしていたのはとても素敵なことですね。

みんなこうだったら無縁化なんて言葉、無くなるのに。

遺品整理.comの遺品整理サービスは、亡くなった方のお部屋一部屋だけでも大丈夫です。

片付けて、不要なものだけ処分できます。

形見の品や仏具のお焚き上げ供養も行っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

震災の中の遺品

木曜日, 7月 21st, 2011
最近少しづつ、震災後の活動に関する報道が減りつつあるような気がします。

メディアは商売ですから仕方ないのかもしれませんね。

自分はいまだに被災地へ行っておりませんし、いけそうにありませんが、震災後にご主人の遺品を探しているご婦人や、保管場所の体育館へ足しげく通われる方などをTVで見るたびに、いろいろなことを考えさせられます。

今もなお、変わらない「無縁社会」と、つい昨日まで普通の日常を送っていたのに、今はがれきの中を身内の形見を探す人たち。

どちらも直接的な何かをしてあげることはできません。

東北に直接何かはできませんが、ここ北海道に避難してこられた方には、当社は、震災直後から社長以下、業務と並行してできる限りの支援をしてきたつもりです。

そして、無縁化にはいったい何がしてあげられるのでしょうか?

避難してこられてきた方々を見て気付くことは、仲間と打ち解けあい、すぐに輪の中に入っていける人と、なかなか打ち解けられず孤立してしまう人がいます。

これは、避難してきた方々に限ったことではありませんが、短い時間であっという間にわかれるのです。
老若男女問いません・・でも・・・女性の方が仲間作りは上手ですね。

孤立して孤独死される方に男性が多いことは過去にも何度もお伝えしてきました。

年配男性は、自分もよく感じるのですが、とっつきにくいところがあります。

それぞれの方に対して上手く距離感をつかんで、接してあげられればまた違うのかもしれませんね。難しいですが・・・

考えつつも、日々の業務に忙殺されて頭の中から消えがちな事、何とか少しでも力になれないのかと考えています・・。

過去の報道では、写真アルバムや、時計などを自衛隊やボランティアの方が集めて一時保管場所に陳列していましたね

写真だけでも戻って喜ぶ人の姿を見て、日々行っている仕事も、やはり根底は一緒だとつくづく感じます。

いまさらですが・・・TVhテレビ北海道「けいざいナビ」

月曜日, 4月 25th, 2011
2011年3月19日のTVhテレビ北海道の「けいざいナビ」でルーツ・オブ・ジャパンが紹介されました。

できる限り不要品(ゴミ)を減らして、再利用してもらえる人の元へ届けることがわれわれの目標です。

遺品整理.comも、札幌室蘭釧路青森横浜静岡大阪と、とうとう西日本までネットワークが広がっています。

どこよりも安く遺品整理を・・そしてできるだけゴミを出さない努力を日本全国で!

ご遺品の処分だけではなく、清掃・消臭・修繕までトータルしてサポートいたします。