札幌市の遺品整理.com札幌 別館(遺品整理スタッフブログ)
中沢教授の「遺品整理」ブログ

Posts Tagged ‘親戚’

あれから一年経ちました。遺品整理.com

日曜日, 1月 20th, 2013
こんばんは。
札幌で遺品整理といえば「遺品整理.com」!!

新人スタッフの吉住です。

 

本日二度目の投稿です。

ちょうど一年前、札幌市がとても残念なニュースの現場になりました。

http://www.47news.jp/CN/201201/CN2012012501001964.html

孤独死にはこのブログでも何回か触れてきました。

ご記憶の方もいらっしゃると思います。

 

無縁化社会と呼ばれて久しい昨今。

風化させてはいけないことですし、同じようなことを繰り返してもいけません。

行政や福祉団体でもさまざまな対策がとられております。

当社でも、遺品整理だけでなく、「便利屋もしもぼっくす」として、お力になれることがあると思います。

が、まずは、お一人お一人が家族親戚に今一度心を寄せることが大事ではないでしょうか。

 

まずは私自身、自らを省みて、一年前のこの日に思いをはせたいと思います。

これも無縁化社会の縮図?

月曜日, 12月 19th, 2011
こんばんわ

遺品整理.comの中沢です。

無縁化について時折このブログで取り上げてきましたが、意外にも、身近なところで痛感する出来事がありました。

それは、自分の知人の出来事でした。

老夫婦の奥様が無くなり、旦那様も入院し数か月が経過しています。
この老夫婦は、妻が幼い時に親のようにかわいがってくれたご夫婦で、ある意味義理の親のような存在でした。

ご夫婦の間には3人のお子さんがいるのですが、みんな就職して札幌から関東や地方へ移り住んでいて、ほとんど帰ってきません。

父親がこんな状態ですし、おそらくもう自宅に帰ることはないのではないかというのが、現実です。

そこで、現在借りている部屋について聞くと、何もせず放置状態だとのことでした。

みんな家族を持ち、別の場所に暮らして仕事もしているので、なかなか面倒も見れないというのが現状で・・・親のために仕事を辞めるわけにもいかないのでしょう。

それは分かるのですが、兄弟が3人もいて誰も何もしていないというこの現実が、身近にあることに驚きました。

自分も確かに自分の都合で父親には何もしてやれませんでした。

そんなことがチクリと思いだされ・・・つい、「兄弟3人で少しづつ予算出してくれたらウチで家の中を全部片付けてあげるよ。」と、口走ってしまいました。

あの時できなかったことを思い出しながら、自分がしてやれる精一杯ですが、何とか応えてくれることを願っています。