札幌市の遺品整理.com札幌 別館(遺品整理スタッフブログ)
中沢教授の「遺品整理」ブログ

Posts Tagged ‘行政’

きれいな室内の遺品整理も

金曜日, 11月 26th, 2010
こんばんわ

たまーにこのブログでも、遺品整理の現場のことを書きます。

それは、印象に残った現場のことを書くことが多いのです。

ですが、そうすると遺品整理という仕事はこんな感じなのではないかと印象を持たれそうです。

・死臭に満ちた過酷な室内での作業

・ゴミ屋敷同然の汚い部屋の掃除
・ハエや蛆虫がわいており、退治する

無いわけではありませんが、ごくまれなケースです。

先日お邪魔いたしました豊平区の現場は、故人さまが非常に几帳面な方で、物の量が非常に多いのでご遺族様(お客様)が我々にご依頼くださいましたが、きちんと片付けられていて・・・それこそ、自分の家よりずぅ~っときれいでしたw

ほとんどのものが、プラスチックケースなどに種類ごとに分けられており、ごみはほとんどなく、運び出すのにもあまり時間がかかりませんでした。
量がとても多かったので大変でしたが・・・(4t車2台半^^;)

ゴミ屋敷状態といわれるような状態は、単身の男性が住まわれていたケースが本当に多いです。

札幌市各区の生活課さまからのご依頼はこのケースが多いです。

ケースワーカーさんなどが生前出入りされているようなケースですね。

行政も、すべてとはいきませんが、きちんといろいろケアしてくれているのです。ただ、手の回らない部分もあるのが現実ですね・・・

話がそれましたが、時々きれいな現場・・・ふつうは普通の生活状態・・時々散らかった部屋・・・ごくまれに過酷な状況・・と、言ったところです。

そんな遺品整理の仕事に興味を持った方は、ぜひ一度求人に応募してみませんか?

常勤・登録制など、働き方も相談に応じます。
札幌市の便利屋もしもぼっくすの求人情報

札幌こころのセンター

火曜日, 9月 14th, 2010
札幌市には精神保健福祉センターというところがあります。
ここでは、主に自殺にかんする情報などを公開しています。

全国の自殺者の状況は、厚生労働省警察庁のサイトで知ることが出来ます。

先の、札幌市の自殺者の資料を見ると、札幌市の自殺者は全国と比較して若年層がおいことが分かります。

しかも、一日1人ほどのペースで誰かが自殺しているのです。
理由は経済・雇用・勤務に関することが全国と比較して多いようです。

札幌市内で毎日誰かか自殺しているなんて、考えもしませんでした。

しかも、経済的な問題が大きな要因を占めている・・・札幌は全国的に見ても景気が悪いのでしょうか・・・

景気は誰かが何かしたから回復するものではないことは重々承知のうえですが、政府の内輪選挙など見ていると、もっと他にやることがあるんじゃないのか?と思わずにいられません。

国はどうなっているんでしょうか。

所在不明高齢者の問題

水曜日, 8月 11th, 2010
所在不明高齢者について・・続々ニュースになっていますね。

根本的な問題はここ←asahi.comのニュース

だと思うのです。

住民票(台帳)から削除されているにもかかわらず、担当部署が違うだけでその情報が反映されない・・・住基台帳自体の存在が無意味に近いですね。

どこかのニュースで、電子政府の構想と予算は結局無駄遣いだったなんていっているコメンテーターもいましたが、まさにそのとおりですね。

ただ、何十年も前に「いなくなった」とか、「だれだれのところにいると思っていた」など、当初から報道されている家族のコメントも気になるところです。

家族の絆というか、つながりってこんなにも希薄なんでしょうか?