札幌市の遺品整理.com札幌 別館(遺品整理スタッフブログ)
中沢教授の「遺品整理」ブログ

Posts Tagged ‘江別市’

本日は急遽江別市へお見積もりに・・・大渋滞で><

金曜日, 1月 14th, 2011
「今日、見積もりにきていただけませんか?」

お客様にはそれぞれ事情がありますので、こうおっしゃられたら可能な限りお応えしますっ!

と・・・

江別市のご実家を整理されたいというお客様の要望で急遽行くことにしたのですが・・・

混んでますね。

昨日も混んでましたが、今日の札幌、おかしいです。

例年、ここまで混みませんよ?

南郷通壊滅

平和通壊滅
十二号線絶望
と・・・

最後の手段三番通りだけが何とか流れてましたが、三番通りにたどり着くまでが・・・

札幌脱出にてこずり、さらに久しぶりな江別で12号以外で動くので、道を間違え遠回り・・・トホホ

時間に幅をいただいていましたので、なんとかなりましたが、本当に冬は大変です。

でも、今年は異常なくらい混みますね。

札幌市が除雪予算をかなり絞っているといううわさですが、果たしてその実態は?
ここでしょうか?

確かに年々減ってる。

しかし、除雪費と対策費って?

あとでしっかり勉強しなくちゃいけません。

なんといっても市民なのですから。

懐かしの9801がありました・・・

土曜日, 10月 23rd, 2010
昨日、江別市のお宅で、80歳代の旦那様が亡くなり、奥様の依頼で遺品整理中に出てきたものは、中沢が泣けるほど懐かしいものでした。
NECのPC-9801です。

PC9801

当時日本のパソコン市場を席巻した名機です。

これが高くて買えなくて・・・憧れでした。

押入れの段ボール箱の中から出てきたのです。

奥様いわく、ずいぶん昔に使っていたけど、もうずーっとしまったままだったのだとか。

もったいない・・というか、もはや動いたとしても実用性は全くないのですが、それでも嬉しい気持ちになりました。

古いものを見つけて喜んでいる時点で、自分も年を取ったのだなぁと・・・あとで気づきました。^^;

古いものと出会うことで、当時の記憶がよみがえるのは、この仕事の楽しい一面でもあります。

若い子にはわからないでしょうけど・・・

遺品整理のお見積り~江別市と札幌市内東区

月曜日, 9月 6th, 2010
いやぁ、暑いです。なんでしょうか?今年はなかなか涼しくならないし、夜も蒸しますね・・・

そんな中、本日は江別市と札幌市内東区にお見積りに伺ってきました。

一軒目の江別市某所でのお見積りは、一軒家にお住まいだったお父様が亡くなり、ご子息が依頼主でした。

それまであったであろう室内のものは、半分程度?を残してすでに移動されていました。

お客様にお伺いすると、自分で使うものは、簡単に処分できるものはすでに処分済みで、あとは大変な部分(大型家具など)をお願いしたいとのことでした。

4LDKのお部屋でしたが、物量は4tトラックと2tトラックの間くらいでした。

そして、少し遅い時間に市内東区でお見積りです。

アパートの一室ですが、こちらは少々散らかっておりました。
以前、ゴミ屋敷状態の遺品整理について書きましたが、まさしくそんな感じでした。
高齢の男性がひとりで暮らしていると、やはりというか、なかなか片付けができないことが多いのですかね・・・

どちらも頑張って見積もらせていただきましたので、受注できますように・・・

しかし、普通にしているだけで汗が出るのは不摂生か湿気と気温のせいなのか・・・

今度こそ、春ですかね?草刈り準備です。

土曜日, 5月 1st, 2010
今度こそ本当に春が来てるのでしょうか?
前回は冬に戻ったので、今度こそ春になってほしいと願っています。

さて、遺品整理担当の中沢ですが、今日は倉庫で留守番なので草刈り機の点検をしています。

電話対応の社員から、「草刈りや伐採の問い合わせが増えていますので、よろしく」と・・・

こんないい天気ですから、少しくらい寒くても気になりませんね~

昨年のシーズンは、遺品整理か庭の草刈りと木の伐採のどれかが毎日の仕事でしたので、今年もそうなるのでしょうかね

昨年、一番思い出に残っている草刈りは、江別市のとあるお宅の庭の草刈りと整備でした。

庭の雑草を刈って、庭石とブロックとぶどう棚の撤去です。

ブドウですよ、ブドウ

トラックの荷台に積んだブドウをみて・・・一粒だけ味見したら・・・・ぉぃしぃぃ(^o^)

いやいや、内緒ですからね。

おいしい現場でした。

草刈り機は今年もがんばってくれそうです・・・

やっぱり筋肉痛です

札幌市内以外からの遺品整理のご依頼

金曜日, 4月 30th, 2010
ばん

あまりにもバランス悪い挨拶ですが、きっと今日のコンディションがそうさせているのでしょう。

今日は江別市内でお仕事でした。

学校の先生だったらしく、立派な書棚にビッ~シリ入った書籍。

最近、書棚(シェルフ)といえるような家具にあまり出くわさなかったのですが、これほどの本を収納するには、俗に言う「本棚」では無理だとはっきり思える量の本でした。

あまりの重量と物量に、写真撮り忘れちゃうくらいで、ブロガーとしては大失敗でした。

以前にも書きましたが、本を見るとその人がどんな方だったのか、よくわかりますね。

難しい本や面白そうな本が一杯でした。
実は、中沢、本が大好きです。

マンガでもまじめな本でも、一日中読んでいられます。何なら3日でも4日でも、読んでいられます。夜は寝ますけど。

と、本が大好きといいながら最近あまり本屋に行っていないことに気づきました。

おかげさまで仕事が忙しい事もありますが、久しぶりに休日一日ゆっくり本でも読んで過ごしたいなぁ~んて、思う、今日の現場のでした。

明日は確実に筋肉痛です。