札幌市の遺品整理.com札幌 別館(遺品整理スタッフブログ)
中沢教授の「遺品整理」ブログ

Posts Tagged ‘孤立死’

自宅で最期を・・ 千歳市で看取り士~柴田久美子さんの公演

火曜日, 6月 18th, 2013
お久しぶりの中沢です。

本日6月18日、千歳市ベルクラシックリアンにて行われました、花育家森直子さんと、看取り士 柴田久美子さんのトークショー「あなたはどこで 死 を迎えたいですか? 誰に側にいてほしいですか? “看取る人の想い、看取られる人の想い”」を拝聴してまいりました。

なごみの里の理念や活動などはリンク先を参照してください。

看取り士の柴田さんの話は興味深く、われわれ遺品整理業者とはまったく反対にいる方のようですが、根底には孤立死(孤独死)・無縁化・少子化への警鐘や日本古来のよき風習・文化などへの深い理解と敬意があることを感じました。

私がこの遺品整理という仕事にかかわっている理由のひとつは過去にも書いたことがありましたが、凄惨だったり、孤独だったり、不幸な最期を迎えた方のご遺品にかかわる機会も多く、自身の親も不幸な最期だったことから、こんな幸せな最期を迎えられる方もいるのだと関心いたしました。とても新鮮でした。

そして、ショーが終わり忙しそうな柴田さんに自分の仕事などを説明し、ひとつだけ質問させていただきました。

「片付けが進んで、お客様の中には思い出や感情から涙される方もいらっしゃいます。実は、このときかける言葉がなかなか無いのです。どんな言葉をかけてあげるのがよいのでしょうか?」と・・・

柴田さんは「苦労をねぎらう簡単な言葉でいいんですよ。大変でしたね とか お疲れではないですか?とか」といやな顔ひとつせずに応えてくれました。

考えればわかりそうなものですが、飾ったりうまい言い回しである必要などなく、そこに思いがあればそれでよいのですね。

美しいことだけではない、人の死に近い場所で働いている自分の感覚が麻痺してしまっているのか、自分の心が貧しくなっているのか、我ながら反省・・・・と、こんな優しい柴田さんに感謝の日でした。

あれから一年経ちました。遺品整理.com

日曜日, 1月 20th, 2013
こんばんは。
札幌で遺品整理といえば「遺品整理.com」!!

新人スタッフの吉住です。

 

本日二度目の投稿です。

ちょうど一年前、札幌市がとても残念なニュースの現場になりました。

http://www.47news.jp/CN/201201/CN2012012501001964.html

孤独死にはこのブログでも何回か触れてきました。

ご記憶の方もいらっしゃると思います。

 

無縁化社会と呼ばれて久しい昨今。

風化させてはいけないことですし、同じようなことを繰り返してもいけません。

行政や福祉団体でもさまざまな対策がとられております。

当社でも、遺品整理だけでなく、「便利屋もしもぼっくす」として、お力になれることがあると思います。

が、まずは、お一人お一人が家族親戚に今一度心を寄せることが大事ではないでしょうか。

 

まずは私自身、自らを省みて、一年前のこの日に思いをはせたいと思います。

ひとりだけじゃない孤独死 遺品整理.com

木曜日, 12月 27th, 2012
こんばんは。
札幌で遺品整理といえば「遺品整理.com」!!

新人スタッフの吉住です。

クリスマスも過ぎまして、スーパーの陳列棚もお正月ムードです。

そんな中、気になる記事を見つけました。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012122502000087.html

夫婦でお亡くなりになっているのを発見されたという記事です。

独居老人のみがクローズアップされがちですが、こういったケースもあるんですね。

今年の年末年始には、遠方にお住まいのご両親へ、お電話をかけて近況報告しあうことが大事だと思いました。

私も両親が遠くにいますので、早速電話してみようと思うのでした。

孤立 

金曜日, 6月 8th, 2012
無縁化社会・孤立 などの言葉をよく耳にします。

阪神淡路大震災のときに、仮設住宅で孤独死の問題が大きく取り上げられ、昨年の震災後のケアにその経験が役立てられています。

復興庁のサイトには、仮設住宅に住まわれている方むけのハンドブックがあります。

内容云々よりも、こうして孤立することへの警鐘(問題提起)が一番大切なのかと思います。

無縁化社会と呼ばれ、自分の肉親(親兄弟)とも疎遠な人たちが増え、地域のコミュニティも形骸化している・・・

確かに、自分の時間は大切でしょうし、限られた小さなつながり(夫婦・親子)でいるほうが気楽かもしれません。

ですが、普段こういった小さな枠の中にいる人が、いきなり知らない人たちと交流するということも難しいというのも現実でしょう

無縁化といわれる現象を「こうすれば解決する!」というのはなかなか難しいでしょうけど、ほんの少しの勇気さえもてれば、小さいながらも変えていくことが出来るのではないかと、日々ビクビクしながらも考えているのでした。

例えば、明らかに困っていそうな人に「どうしかしましたか?」と、声をかけれれば・・・具合の悪そうな人に「どうしましたか?」と・・・

ほんのちょっとの勇気でひょっとすると日本は変わるのではないかとも、思っています。

札幌は雪も解けて、ご依頼が増えております

木曜日, 4月 12th, 2012
札幌市内、日当たりのよい場所では雪もすっかり解けてきており、今日は春を感じる陽気でしたね。

最近、ご依頼が急増しておりなかなかブログ更新もままならぬ状況でした。

昨日、市内でご遺品の整理に伺いました。

一軒家で暮らしていたお母様のご遺品と伺っておりましたが・・・

片付けていたら・・・なんとなく・・・死臭??

あれ?聞いておりませんで・・汗

ベッドにしっかり跡がありました。

孤独死(孤立死)の現場だったんですね^^;

匂いも、ベッドの上の物をよけるまでうっすらだったので、あまり気になりませんでしたが、ちょっとだけ焦りました。

見積り担当が自分ではなかったので、何も知らずに突入してしまったんですねww

お住まいはかなり物が多く、4t車換算で2.5杯分と、相当の量でした。

汗かきました。

最近、こういった大型のご依頼をいただきますが、体が・・・^^;

いえ、でも頑張ります。

お住まいの中身丸々残されて、お困りの方はほかにもきっといらっしゃるはず。

困ったときは、遺品整理.comへご相談ください。

遺品整理.comは、便利屋もしもぼっくすの遺品整理部門です。

買取できるものがあれば買取も対応いたします。

孤立死のニュースが目立ちます

金曜日, 3月 30th, 2012
かなり久しぶりの更新となってしまいました。

最近、孤立死のニュースが全国版で報道されているのが目につきます。

良くあるケースで、要介護状態の方と、介護者の二人暮らしで、介護している方が何かの要因で急死され、要介護の方がどうにもできずに一緒に亡くなってしまうパターンです。

札幌でも同様の事故がありました。全国的にもこのパターンが多いようです。

なぜ、孤立してしまうのか?

それぞれ理由も背景も違うでしょうし、ひとくくりにできることではないことは重々承知の上ですが、地域とのつながりを介護している側も大切にすることが同様の事故を防止できる唯一の方法だと思います。

ただ、それに最適な方法が、おそらく千差万別。

人それぞれ。。

簡単そうで、実に難しいことだと言う事も感じてしまいます。

「おせっかい」と、受け止められたとしても、善意からの行動であれば相手に拒まれるかも知れなくても、勇気をもって行動に移せる自分になりたいなぁ・・・と、なんとなくながら思うのでした。