札幌市の遺品整理.com札幌 別館(遺品整理スタッフブログ)
中沢教授の「遺品整理」ブログ

Posts Tagged ‘取材’

遺品整理の取材

日曜日, 10月 31st, 2010

遺品整理.comを運営する株式会社ルーツ・オブ・ジャパンのテレビ取材動画です。

遺品整理現場の様子や、作業の雰囲気を見てもらえるのではないかと思います。

百聞は一見に・・・と言いますので、ぜひご覧になってください。

遺品整理というサービスの認知度

土曜日, 9月 25th, 2010
遺品整理という仕事が近年少しづつ一般に認知されるようになってきたような気がします。

遺品整理人のテレビドラマやメディアの番組の力も大きいと思います。

最近、メディアの取材も多くなり、さらに一般に認知されるのは本当に嬉しいですね。(取材履歴)

ここ北海道札幌市はゴミの処分も大変ですし、この先ますます家電や家具などは処分が大変になることが予想されます。

今年の4月からは液晶やプラズマテレビもリサイクル家電として指定されましたので、ますます大変です。(家電リサイクル協会
なぜか業務用は指定されていないんですよね・・

遺品整理.comでは、不用な家具などを極力お引き取りさせていただき、再利用(再販)することに力を注いでいます。

まだまだ力不足かもしれませんが、少しでもごみとして廃棄される物を減らすことで、お客様の経済低負担を軽減し、ゴミを減らすことにより地球環境にも配慮した企業活動を続けていきたいと願っています。

ご遺品だけではなく、運営元の便利屋もしもぼっくすは不用品買取処分代行も行っています。

また、札幌市以外にも支店がありますので、不用品や遺品でお困りの際にはお気軽にご相談ください。

遺品整理.com横浜店(神奈川県)

遺品整理.com青森店(青森県)
遺品整理.com室蘭店(北海道道南地方)

遺品整理や輸出に関する取材

金曜日, 9月 24th, 2010
高齢者不明問題や、孤独死に関するマスメディアの関心が高まる中、遺品整理.comの運営母体でもある便利屋もしもぼっくすには遺品整理や、タイへの輸出事業に関する取材の申し込みが各テレビ局や新聞社より来ています。

便利屋もしもぼっくすの取材履歴ページでも簡単に紹介させていただいていますが、これらの問題の中に家族間の人間関係の希薄化という問題も含まれています。

遺品整理という仕事への需要が、少子高齢化に伴い増加するのは自然なことかもしれませんが、中には北海道新聞社の取材に例を出したような、今までにはないような事例もあるのが現実なのです。

孤独死などの痛ましい事態を少しでも減らすことができないだろうか?

我々に何かできることがあるのだろうか、考えさせられるのです。

家族の無縁化・・・北海道新聞

火曜日, 8月 31st, 2010
遺品整理.comの運営母体である株式会社ルーツ・オブ・ジャパンの代表取締役社長である湊源道が北海道新聞社の取材を受けました。

平成22年8月31日の紙面・「家族希薄・進む無縁化」と題した記事で遺品整理会社として取り上げられています。

北海道新聞記事

我々遺品整理会社のサービスに対する需要が高まる背景に、家族間の関係の希薄化が少なからず・・・・いえ、大きく関係しています。

記事でも紹介されたような、家族の過去帳や位牌すら不用であると処分を希望されるケースは稀有なことではありません。

自分は、遺品整理という仕事に携わることで生き方や家族など、自分の人生観が少なからず変化しました。

家族への向き合い方も少しですが変わった気がします。

遺品整理という仕事がなくなるということは考えづらいですが、その背景がこういったネガティブなものではなく前向きなものになってくれることを祈ります。