札幌市の遺品整理.com札幌 別館(遺品整理スタッフブログ)
中沢教授の「遺品整理」ブログ

Posts Tagged ‘仕分け’

「生前整理」承ります。遺品整理.com

土曜日, 1月 12th, 2013
こんばんは。
札幌で遺品整理といえば「遺品整理.com」!!

新人スタッフの吉住です。

 

 

「生前整理」っていう言葉を、ご存知ですか?

グループホームなど滞在型の施設にお入りになる方が、今まで住まわれていたところの家財道具などを整理なさることです。

元気なうちにご自身でなさる方もいらっしゃいますが、急に倒れられたときなど、ご家族の方からのご依頼も増えています。

 

先日も、札幌市内で「生前整理」のお仕事をしてまいりました。

遺品整理とはまた違った雰囲気で、同様に気の引きしまる現場です。

滞在型の老人ホームに入居なさるかたのご家族からのご依頼でした。

必要なものを、お客様からご相談いただき、一つ一つ仕分けをしながらの作業でした。

見つからないだろうとおっしゃっていた写真や小物など、必要品はすべて見つけることができ、お客様のお手元に戻すことができました。

「これが見つかったとおばちゃんが聞いたら喜びます。」

という、お客様のほっとした笑顔が印象的でした。

 

また、贈答品の未開封のものがたくさんありましたので、すべて買い取りとさせていただきました。

高価なアクセサリーなど、価値の高いものも一つ一つ説明しながら合わせてお引き渡ししました。

 

 

私たちはご遺族の方に安心してご利用していただける、「遺品整理士」のいる遺品整理業者です。

遺品整理.com

【便利屋もしもぼっくす】の遺品整理事業部です。

生前整理のご相談も承っています。

携帯電話からでも24時間対応可能なフリーダイヤルへ

0120-828-964

遺品整理で出会うもの。遺品整理.com

日曜日, 12月 30th, 2012
こんばんは。
札幌で遺品整理といえば「遺品整理.com」!!

新人スタッフの吉住です。

 

 

本日、二度目の投稿です!

今回は、遺品整理の現場で遭遇したものの紹介です!

 

 

 

 

 

 

十銭

じゃーん♪

 

 

 

十銭券です。

 

 

 

 

遺品整理の現場では見落としがちな古銭類。

気づかずに持ち帰ってしまうこともありますが、古いお金でも、お金はお金。

ちゃんとお客様のもとへお戻し致します。

もしかしたら、個人とご遺族をつなぐ、大切な思い出の品かもしれませんから・・・。

 

 

 

 

ご遺品によっては、買い取りの提案をさせていただくことも・・・。

 

 

 

 

歴史好きな新人吉住には、遺品整理の現場は博物館にいるような気持ちになります(不謹慎ですみません。)。

 

 

故人の遺品から、お客様との思い出を聞かせていただけるのも、この仕事醍醐味です。

 

 

遺品整理.com

【便利屋もしもぼっくす】の遺品整理事業部です。

携帯電話からでも24時間対応可能なフリーダイヤルへ

0120-828-964

タイでも東北大震災被災者に追悼・・・遠いが近い友国に感謝

日曜日, 3月 20th, 2011
タイでも追悼イベント

自分にとっては近しい国・タイですが一般の方はどうなんでしょう?

今回のように、外国の支援や哀悼の意を感じると世界は捨てたものでもないとつくづく感じます。

日本は一生懸命立ち直り、早く恩を返せるようにならなくてはと、心底思います。

メディアでは、こんなアホなニュースが流れたりしてますが、見なかったことにします。忘れます。忘れたいです。恥ずかしいです。

気になるのは福島県民の本音?ですが、頷けるのが・・・

メディアは真実とその背景をきちんと説明するべきだとはっきりおっしゃってますね。
確かに原発で大きな利益を享受しているのは間違いないのですが、気持ちもわかります

あれ?

これって、米軍基地と似てる???

そういえば、北海道にも似たような現象がありますね。

北方に深地層処分の試験をしている地域がありますが、ここの町は立派です。
赴任者が多いので町内には賃貸住宅も意外と多いのです。

経済効果は大きいのでしょうけど、原発が本当に絶対に安全なら都内に作れるはずですから、原発安全説っていうのは・・・

首長は本当に自分の地域の安全と繁栄を考えなくてはいけませんね。

これからお金をかけてするべきことは脱原発と代替エネルギーの模索かもです。

これは仕分けられてはいけない分野ではないでしょうかね。

遺品もゴミ屋敷も仕分けが大事

金曜日, 7月 30th, 2010
遺品整理の仕事をするときも、ゴミ屋敷の処分をするときにも共通して言えるのが、大事なのが仕分けです。

量は違いますが、結構ごみが出てしまいます。

ゴミ屋敷にあるのものほとんどは当然ゴミですが、遺品の整理のときは、生活空間そのままを仕分け→処分や回収や買取となります。
どちらの現場も運搬や発送、遺品整理の現場であればお焚き上げ品などもありますし、個人情報が記載された書類や写真など、紙に混ざってしまわないように仕分けていきます。
しかも、時間をかけず迅速に丁寧に・・・・

慣れるまでは大変でしたが、慣れるとノータイムでどんどん仕分けていけるようになります。

中を空っぽにしたら、掃除や時にはきちんとしたハウスクリーニングまで行いますので、撤去に時間がかけられないことも多々あるのです。

お部屋が、賃貸住宅であれば、家賃も発生してしまいますので、可能な限り早く終わらせるのが、お客様のためなのです。

ゴミも、きちんと仕分けしないと・・・・東京都の処分場のように運転がとまったりしたら、我々もお客様も困ってしまいますからね。

たいていの素材には、再生する技術はあるのに、単価が見合わない。鉄や非鉄金属は安く再生出来るのに、樹脂やプラスチックの再生は鉄のように行かないのが残念。

いつの日か、ゴミをぽんと放り込むと、再生素材がどんどん出来上がるような技術が出来るといいですね。

遺品整理.comはゴミの減量で地球環境を守ることにも貢献する札幌の遺品整理業者です。

便利屋もしもぼっくすの遺品整理部門として、故人様の大切な思い出や記念の品を片付けさせていただきます。
ご遺品の片づけで困ったら、遺品整理.comへご相談ください。
札幌 室蘭 横浜 で展開中ですが、青森県も対応可能です。