札幌市の遺品整理.com札幌 別館(遺品整理スタッフブログ)
中沢教授の「遺品整理」ブログ

Posts Tagged ‘仕事’

働く意味

月曜日, 8月 16th, 2010
MSN産経ニュースで興味深い記事
アンケート働く意味は?の回答
50%が生活の糧だそうです。

確かに大多数の人は働いてお金をもらわなくては生活できませんね。

かくいう自分もご多分に洩れませんが。

「シビアな結果」と評されていますが、それはそれでいいんじゃないのかと思います。

自分ににあった仕事さえできれば、それに越したことはありませんが、それが一番難しいので・・

仕事が楽しくなれば、生活のための仕事とはいえ、そんな幸せなことはないでしょうね。

少し就職難も緩和されているようですが、相変わらず希望の職に就くのは厳しいみたいです。

求人は厳しい状況ですが、遺品整理.com(便利屋もしもぼっくす)ではアルバイトを募集しています。

・普通免許(できればMT)
・元気
・やる気
・常識

これだあれば大丈夫!

あとは体力があればなおよしです!

質問などありましたらこちらからお気軽にどうぞ

遺品整理という仕事

土曜日, 3月 20th, 2010
遺品の整理が仕事として成り立つということを知ったのは、この仕事を始めてからです。

なくなった方が生活していた空間にあった物をすべて片付けるとなると、たいへんな労働です。

近くに、家族や親戚の方が住んでいればまだしも、遠方だったりすると余計に難しいことでしょう。
我々はそんな時に、お客様からご依頼をいただき、業務に当たります。

この仕事をしていると、故人が生前にどんな方であったのか、うっすら見えてしまいます。

どうしても、お写真・お手紙・本などを片付けることになりますので、おおむね人柄まで想像できてしまうのです。
ご遺族の方とお話しする機会があれば、そんなことも話題にします。おおむね、当たらずとも遠からずといったところのようです。

そして、この仕事をしていて一番考えるのが、自分の最期はどんな最期なのだろうかということなのです。

「絶対」という言葉がぴったりなのが、死です。こればかりは、決まっていますからどうにもなりません。
死に対する恐怖が身近になることもありますし、逆に麻痺しているかもしれません。

ただ、自分の最期があまりみっともなくならないように、一生懸命生きなきゃならないなぁと、考えさせられる仕事なのです。