札幌市の遺品整理.com札幌 別館(遺品整理スタッフブログ)
中沢教授の「遺品整理」ブログ

Archive for 5月, 2011

ゴミ屋敷状態から・・・火災、孤独死

火曜日, 5月 10th, 2011
今回は、少し悲しい出来事の紹介です。

こちらのお宅には、男性が一人で住んでおりました。

部屋はいわゆる「ゴミ屋敷状態」です。

玄関開けるとすぐ階段の作りなのですが・・

ご覧のとおり、階段を上ることすらままならないような状況。

そして、この状態で生活していた彼に悲劇が起こりました。

火災です。

2Fの一部屋で出火。

そのまま帰らぬ人となりました。

入り口ですらこのような状態ですから、部屋の中は相当な状態だったでしょう。

逃げることなど、ままならなかったでしょう・・・

この部屋の後片付けを依頼され、ごみを出していきます。

このような状況ですから、遺品整理というより、ごみの処分のみの作業となっています。

焼けたゴミ、ペットボトル、汚物、猫の遺骸・・・
相当な状態での生活だったことが想像できます。

高齢の男性独居で発生することが多いケースです。

こんなケースが、きっと全国的に潜在しているのではないかと思います。

人とのつながりがあれば、ここまで至らないのではないかと思うのですが・・・

亡くなられた方はもちろんお気の毒ですが、ご遺族さまも、大家さんも、管理会社さんも・・皆にとってマイナスです。

こんなケースを防げるのは、人とのつながりだけではないでしょうか?

彼に仲の良い友人が一人でも二人でもいて、往来があればこんなことにはならないでしょう。

もしくは、家族がときおり訪ねてくれば・・・ここまでなる前にどうにかできたのではないかと・・・

手遅れになる前に、誰かが手を差し伸べてあげることができる社会になってほしいと思います。

もし、ここまで行かずとも、散らかし過ぎてしまったり、ゴミ屋敷状態になってしまったら、遺品整理.comにご相談ください。

お客様のご要望をできる限り叶えるように、精いっぱい対応させていただきます。

ご相談だけでもお気軽に!

遺品整理.com 0120-828-964(便利屋もしもぼっくす

札幌・室蘭・釧路・青森・横浜・静岡・大阪に拠点があります。

次のステップを見込んだ取り組み

金曜日, 5月 6th, 2011

みちのくあったかい道

みちのくあったかい道は、札幌市の本郷通り商店街のお祭り「桜祭り」に、被災地より避難されてきた方々の手により屋台などを出店していただき、支援のための資金作りや、地域・避難者同士のコミュニティ作りを目的としたお祭りへの参加イベントです。

これまで当社は「ようこそあったかい道」という支援イベントを行ってきました。

これは、非難されてきた方々に北海道で最低限の生活を保証するために、家具などを寄付するとともに、食事などを振る舞うイベントでした。

言い方があまり適切ではないかもしれませんが、非難されてきた方へ「与える」ことが目的でした。

 この、ようこそあったかい道も、3回目には札幌市協賛で大々的に行わせていただきました。
その様子は便利屋源さんブログでも紹介させていただいております。

今回の「みちのくあたかい道」イベントは、非難されてきた方々による商業活動です。

我々は物資準備・裏方メインで準備などのお手伝いをさせていただきます。

5月6日~8日までの期間、白石区の本郷通り商店街で実施しております。

天候が少々心配ではありますが、地下鉄駅も近いので、ぜひ遊びに来てください!

焼き鳥一本からできる支援をお願いします!