札幌市の遺品整理.com札幌 別館(遺品整理スタッフブログ)
中沢教授の「遺品整理」ブログ

Archive for 4月, 2011

いまさらですが・・・TVhテレビ北海道「けいざいナビ」

月曜日, 4月 25th, 2011
2011年3月19日のTVhテレビ北海道の「けいざいナビ」でルーツ・オブ・ジャパンが紹介されました。

できる限り不要品(ゴミ)を減らして、再利用してもらえる人の元へ届けることがわれわれの目標です。

遺品整理.comも、札幌室蘭釧路青森横浜静岡大阪と、とうとう西日本までネットワークが広がっています。

どこよりも安く遺品整理を・・そしてできるだけゴミを出さない努力を日本全国で!

ご遺品の処分だけではなく、清掃・消臭・修繕までトータルしてサポートいたします。

ゴミと一緒の過去帖をみて感じた無縁化の一端

日曜日, 4月 17th, 2011
先日ご遺品を整理していたとき、雑貨や本類の中から過去帖が出できました。!

過去帖とは、先祖代々の命日や戒名・俗名などを綴った、その家の歴史を知ることができるものです。

位牌はなくなった方の数だけ用意され、多くなったらお寺にお返しすることになりますが、過去帖は追記されていくものですから、大切に保管し受け継いでいけば、自分の過去のルーツや自分たちの子孫が過去を知ることもできます。

過去帖が無くなれば、自分の歴史を遡ることもできなくなってしまいます。

自分の子供や孫や子孫が、自分のルーツを調べたいと思っても、手がかりがなくなってしまうのです。

無縁化」と言われる事象について語られることもありますが、無縁化とは自己中心化なのかもしれません。

自分のことだけしか考えられないから、人や自分の親・子との縁も希薄になり、ついには無縁となってしまうのかもしれません。

自分の肉親とも縁が薄い人が他人とうまくやっていけるのでしょうか?

自分だけのことを考え、自分だけの世界を作ってしまう人は、最後に自分だけになってしまうのでしょう・・

ようこそあったかい道の報告と無縁化社会についての講演予定

月曜日, 4月 11th, 2011
先日この遺品整理ブログでちょっとだけ触れました、弊社とお付き合いのある方々の協力で実施させていただいた「ようこそあったかい道」のイベントはおかげさまで無事成功と言える結果が出せたのではないかと思います。

イベントの様子は北海道新聞社の動画サイトなどでもごらんいただけます。

さて、次は遺品整理業者として「無縁化社会の現状」につきまして弊社代表取締役 湊源道がお話させていただくことが決まりましたのでお知らせいたします。

 日時:平成23年4月14日(木)14時~15時30分
 場所:中央区北1条西9丁目 リンケージプラザ
 問い合わせ先:札幌市中央区社会福祉協議会
 (中央区南2条西10丁目中央区民センター内 電話281-6113 担:寺島さん)

あらためまして 遺品整理(片付け・処分)業務の紹介

日曜日, 4月 10th, 2011
こんばんわ(書いているのは夜なので)

遺品整理.comの業務である遺品整理業務内容につきまして改めまして紹介させていただきたいと思います。

最近、震災・原発のことばかり書いていたもので・・・それはそれで、とっても大変な動きがあったのですが、詳しくは札幌市の便利屋源さんブログの「ようこそあったかい道」の記事をぜひご覧ください。

遺品整理と一口に言いましても内容は様々。そのご家庭の置かれている状況により千差万別なのです。

すべてのケースにおいて共通するのは、お見積もりさせていただき、作業内容を確認させていただくことです。

作業内容(業務範囲)とその料金をはっきりとお客様と決めさせていただくことがスムーズな作業の第一歩です。
その後、作業内容にあわせて人員や車両を準備して伺います。

一番多いケースは、マンションや戸建に住んでいられた方が亡くなり、生活されていたお部屋すべてを片付けるというパターンです。

・ご遺族様により必要なものの回収または指示

 間違えて不用品と一緒にしてしまう可能性はゼロとはいえませんので、必要なものはできるだけ先に搬出いただくようにお願いすることが多いです。特に貴重品や形見の品などは事前にお願いしております。

・ご遺品の仕分け

 衣類、雑貨類など生活空間にはたくさんの品物があります。長く住まれていた場合はとくにそうです。
 思い出の品が意外なところから出てくることもありますので、できる限り丁寧に仕分け作業をさせていただいております。
 後に処分となることも踏まえ、種類ごとに分けて搬出いたします。

・家具、家電などの撤去(買取・回収・処分)

 いずれの場合も、搬出することには変わりありませんので、撤去いたします。
 別なお住まいで使用されるので、移動して欲しいなどのご要望にもお応えいたします。

・清掃などの仕上げ

 すべての荷物が搬出し終わったら、通常は簡単な掃除をして完了です。
 ハウスクリーニング・修繕特殊消臭特殊清掃など、豊富なオプションもございます。

お焚き上げ供養

 仏壇の閉眼供養(魂抜き)、布団・衣類・アルバム・遺影・形見の品のお焚き上げ供養も承ります。
 弊社では定期的にご住職様に来ていただき、ご供養を依頼しております。

・確認

 最後は、ご依頼者様に仕上がりを確認いただきすべてが完了です。

遺品整理.comにはよくある質問もご用意させていただいておりますので、ぜひ一度ごらんいただければと思います。

現在、遺品整理.comは、札幌室蘭釧路青森横浜静岡に支店があります。

どの支店でも同様のサービスを提供しておりますので、ご遺品の片付けや処理などでお困りの際はぜひお気軽にお問い合わせください。拠点より一定の距離であれば基本的にはお見積もりは無料でお伺い致します。

被災地で救援活動中の旭川第二師団の自衛隊員が死亡

月曜日, 4月 4th, 2011
痛ましいニュースですね。

復旧作業に当たる自衛隊員が亡くなられたそうです。

がれきの撤去や不明者の捜索をされていたとか・・・

これは噂というかソースが不明ですが、被災者のアルバムなども回収してくれていたらしいですね。

直接死因はまだ公表されていませんが、屈強なイメージのある自衛隊の隊員がこの期間の任務による疲労でどうこうなる・・・とはあまり考えられませんが、何にせよ、ご冥福をお祈りしたいと思います。

誰かのために働く人にこんな不幸が襲い掛かるとは、不公平だと思います。

少しでも現地の復興に貢献できるような活動を我々も継続して行っていきたいと思います。

【転載】 ある決意と行動 震災孤児 支援活動

土曜日, 4月 2nd, 2011
東北大震災の被害状況を見て、ある方が決意して活動を始めました。
自分は、一度だけ直接お会いしたことがあるだけですが、SNSなどを通じて彼の活動を知ることができます。

そして、気持ちと現実のギャップに申し訳なく思うとともに、少しでも彼の活動を支援したいと思い、転載いたします。

————————————————————————–

私の19人の facebook 友達へのお願い….

2011年3月22日 22:58 Tetsuji Yamashitaさん作成

この投稿をどうか皆さんの友達にシェアしてください、私の友達の友達の皆さん、其れ読んだら、どうかお願いですから皆さんの友達にもシェアしてください。そして皆さん私の facebook 友達に成ってください。お願いします。

既に数人の方へ話していた事ですが、18日の午後より独り震災孤児達への支援を決意し行動を開始しました。

阪神大震災では 親を失った県内の18歳未満の震災孤児は400人。

このうち68人が両親を亡くした孤児だったそうです。(北海道新聞 3/17記事 1995年3月の兵庫県の調査による)

東日本大震災での震災孤児の数は只今情報収集中ですが、平日の午後、親と離ればなれの状態で被災した子供達が圧倒的に多く、これは早朝に家で親と一緒に被災した阪神淡路大震災とは異なり その数は大きく上回ると想像してます。

この震災孤児の支援を発想したした時から私の頭の中には「瓦礫のなかで震えている姉と弟…」「亡くなった父親のわきで震えている男の子…」そんなイメージが浮かんではなれません…

具体的には「震災孤児を受け入れたいという、優しいく温かい家庭を100件探す」

このことを目標に活動します。
そのデーターを 行政に提供し 活かして頂く考えです。
孤児の支援内容については 他に広げていくことも視野に入れていますが、今現在は 受け入れ先にスポットをしぼり行動をとる予定です。

自分は教育者でもありませんし 専門的は知識もありません。

今迄にこれといったボランティア実績も無く寧ろ無関心な人間でした。
しかし行政に任せておくだけでなく行動したいと今思っています。
「孤児達の未来を支えたい…」「絶望では無く子どもの頃、私達も抱いていた夢を彼らもみれるように…」そう一緒に考えてくれる方
市民レベルの草の根支援の輪を支える意味で、皆様のお力をお貸しください。

4日前から始めた事です、仲間は今16人…

これから活動のようすを皆さんにも見て貰える様に、色々な方法で整備して行きます。
今すぐにでも、明日からでも、一週間後、一ヵ月後、一年後でも、皆さんが同じような気持ちになった時に私の仲間に成ってください。力を貸してください。おねがいします。

Tetsuji Yamashita * sunif

………………………………

twitter : sunifsunif

Skype : sunifsunif

facebook : Tetsuji Yamashita

————————————————————————–

WA・RA・U・NA ←Tetsuji Yamashitaさんのブログ

そして、この活動に賛同されたブロガーの方が素敵なロゴを作成されました。