札幌市の遺品整理.com札幌 別館(遺品整理スタッフブログ)
中沢教授の「遺品整理」ブログ

Archive for 1月, 2011

遺品整理.com釧路店のご案内

月曜日, 1月 31st, 2011
遺品整理.com釧路店ができました。

釧路・帯広など道東地方一円をサポートさせていただきます。

いままでは、地方の現場でも、協力業者さんに一部を頼むことはあってもすべてをお任せすることはありませんでした。

それは、遺品整理という仕事の性格上、ご遺族さま(お客様)への思いやり、なくなられた方への思いやりなど、自分たちがしっかりやらせていただくことが大事だと考えていたからです。

ですが、このたび釧路で遺品整理.comを展開でき、札幌からではなく釧路拠点で動けるようになり、今以上にきめ細かなサービスを提供できるようになったことは、お客様にとってもプラスだと確信しています。

釧路スタッフの考え方など、ぜひ一度遺品整理.com釧路店スタッフブログをご覧いただければと思います。

遺品整理.com釧路店 スタッフブログ

国債格下げ・・・本当に日本はダメなのか?

土曜日, 1月 29th, 2011
テレビのニュース番組(報道ステーション)を見ていて、日本の国債が格下げされ、菅総理の「疎い」発言に非難を浴びせる野党の報道が・・・・

さて、日本の国債(借金)が1000兆円!税収が40兆円・・・

これを一般家庭に置き換えると、年収400万円で借金一億円

それでもお父さんは毎晩六本木で飲んだくれ、お母さんはエステにショッピング。子供はゲーム三昧といった状況なのかな?

一般的に400万円くらいの年収だと借金できるのは2000万円くらい?

キャパの5倍以上借りてる計算なのに、節約もしなければ収入増の手段も模索していない状況ですね。

さらに2年後には国民すべての貯蓄額を借金が上回る予測らしいです。

日本破綻が確実と見て投資するアメリカの投資家・・・・こいつらの実体の無いマネーゲームが国民生活に大きな影響を与えているかと思うとうんざりするけど、それ以上に処置なしの借金大国のほうがうんざりです。

普通・・・・・・・・・年収400万円で一億返済・・・㍉じゃね?

とか、思ってしまいます。

それでもすでにそうなってしまっている国の状況を何とかしなくてはいけないのです。

せめて国の代表くらいはこの超危機的状況に対して強いメッセージを発してほしいですね。

経済破綻して1ドル200円くらいになったらそれはそれで再生できるだろうけど、ものすごい勢いで日本が切り売りされるのではないかな?

札幌市在宅福祉活動団体連絡会講演会

日曜日, 1月 23rd, 2011
去る昨年12月21日、札幌市在宅福祉活動団体連絡会講演会にて弊社代表取締役 湊源道が「無縁社会の現状~遺品整理業者の視点から」と題して講演を行わせていただきました。
概要パンフレットなど詳しくは、北海道社会福祉士会のお知らせページでごらんいただけます。

また、簡単にではありますが、遺品整理.comの札幌サイト取材情報ページにも写真と合わせまして掲載させていただいております。

高齢化社会が進む日本で、誰にも看取られることなく死亡する「孤立死」や「身寄りのいない人の死」の現状など、誰もが迎える死について、遺品整理業者の視点から現代社会の問題点を再考。

このブログでも、孤独死(孤立死)や独居・無縁化などについていろいろと考えや情報について書いたりしていますが、これらはおそらく人間が存在する限り無くならない問題なのではないかと思います。

札幌市内、除雪依頼でてんてこ舞いです。急遽アルバイトさん募集♪

水曜日, 1月 19th, 2011
筋肉痛です。

おかげさまで、遺品整理.comの母体、便利屋もしもぼっくすの除雪サービス例年に無い数の除雪のご依頼をいただいており、忙しい時期のお約束で自分も現場で除雪です。

今日は腕が肩より上に上がりません>< いや、まてよ・・・四十肩か・・・?

それはともかく、こんなに忙しいこの時期、3月くらいまでアルバイトしたいという、学生さんなどいらっしゃいましたら、

ぜひこちらのもしもぼっくす求人情報ページよりお問い合わせください。

老体に鞭打って除雪は少々応えますので、若い方や元気な方が来てくれるとうれしいです。

登録制もありなので、この時期だけでもだいじょうぶですよ~

札幌市の除雪情報サイト見て見ました。

日曜日, 1月 16th, 2011
今年に入り、結構まとまって雪が降っていますね。

雪かきで大変なご家庭も多いのではないでしょうか?

かくいう中沢も今朝は寝起きから雪かきと、車庫前に盛り上がってしまった雪を削る作業で、汗だくになりまた。

本日は気温も高めになっており、寒さは緩みましたが、おかげで道路はすごいコンディションですね。

明日も高めの気温みたいです。

道路が走りやすくなるのはいつなのだろうか?

除雪直後は走りやすいのではないかと、札幌市の除雪情報を見てみたのですが・・・・

あれ?

なんか、やる気を感じません。

札幌市は除雪しないんですかねぇ。

予算が繰越できないおかしな制度だからいけないんですよ。

携帯電話ですら一定額繰り越せるんだから、少しは民間のやってること・感覚を取り入れれば良いのに。

そしたら、雪の少ない年があればその翌年にたくさん使えるし、ストックできれば雪の多いときに十分除雪できるのにねぇ

お役所仕事の 予算使いきり=仕事いっぱいした という公式はなんとしてでもなくなってもらわないといけないですよ。

孤独死の責任問題 釧路市の事例

日曜日, 1月 16th, 2011
【釧路】訪問介護サービスを受けていた釧路市内の男性(71)が昨年1月、独り暮らしの自宅で死亡したのは介護事業者と包括支援センターの不手際が原因だとして、男性の遺族が約2700万円の損害賠償を求める訴えを釧路地裁に起こした。第1回口頭弁論が12月15日に行われる。

 被告は訪問介護サービスを担当していた社会福祉法人釧路啓生会と、釧路市から釧路市西部地域包括支援センターの委託を受けている医療法人豊慈会で、提訴は9月21日付。

 訴状によると男性は要支援1で持病もあり、昨年1月26日、訪ねてきた啓生会の職員に体調が悪化したことを伝えたが、職員は翌27日の訪問時、男性宅が施錠され応答がなかったのを不在と判断。連絡を受けた同センターもその日は男性宅に電話するにとどまり、28日になって同センター職員と警察官が男性宅に入り、死亡しているのを発見したという。

 検視の結果、死因は急性心臓病で死亡推定時刻は28日午前4時と判明。原告側は、応答がないのは症状の悪化だと予見できたのに、両法人とも医療機関への通報や緊急連絡先への連絡を怠ったと主張している。被告の両法人は「弁護士に一任している」としている。

少し前の北海道新聞の記事です。

職員の判断はそれまでの経緯や要介護者の過去の行動から導き出されているのかと思いますが、前日のやり取りもありますし、微妙か・・・ひょっとすると少し軽率な一面もあったのかと。

判断が難しいでしょうね。

裁判の結果は調べていませんが、訴訟を起こされてしまう・起こす風潮は、アメリカ的で個人的になんだかイヤな感じです。

釧路市という同じ北海道内の出来事ですが、考えさせられますね。