札幌市の遺品整理.com札幌 別館(遺品整理スタッフブログ)
中沢教授の「遺品整理」ブログ

Archive for 10月, 2010

遺品整理の取材

日曜日, 10月 31st, 2010

遺品整理.comを運営する株式会社ルーツ・オブ・ジャパンのテレビ取材動画です。

遺品整理現場の様子や、作業の雰囲気を見てもらえるのではないかと思います。

百聞は一見に・・・と言いますので、ぜひご覧になってください。

テロ・・桜・・

日曜日, 10月 31st, 2010
国内の次は国際的な・・・なんてわけではありませんが、国際社会も相変わらず深刻な問題に直面していますね。
イエメンのテロ、ソマリアの海賊・・・

嫌なニュースばかりですが、たまには良いニュースを探そうとしていたら、見つけたのが。

ロシアに桜

なんて記事も^^

そういえば、桜はドイツをはじめ日本から世界各国に植樹されていた気がします。

ロシアには道東地方の寒さに強い桜が行ったそうです。

大きく取り上げられるニュース、嫌なニュース以外がもっと増えるといいですね。

事業仕分け~どうなるのか?

日曜日, 10月 31st, 2010
まずは北海道新聞の事業仕分けに関する記事

例えば今回はスーパー堤防が中止になりましたね。

報道されるニュースでは、やりとりが限定的でよくわからないのですが、50年や100年に一度あるかもしれない災害に備えることは、はたして無駄なのでしょうか?

海面水位は上昇し続けています。

台風の威力も年々強くなっていることは明白ですし、なぜ仕分け人を説得できるだけの材料を提示できないのでしょうか?

公共事業は、次世代や将来も見据えて行われているはずで、普通に考えれば仕分け~中止されるはずがないのです。

取り止めになっちゃうからには、本来の目的などから外れた何か弱点があってのことでしょう。
絶対に必要なものは、守り・造らなくてはならないのですから。

仕分け人さんは、最初に一番の無駄を見逃している気がしますが・・・これも早く縮小して欲しい気がします。

 ↓↓↓↓
国会議員

輸出する・できる・品物は?

土曜日, 10月 30th, 2010
日々、物との戦いです。

国内で販売しても売れないもの、売りづらいもの、そういった物の中には海外で人気がありすぐ売れるものがたくさんあります。

たくさん・・・といっても全体の数から見れば少数でしょうけど、それでもそれを売れるところに持っていくことで、ゴミを減らしつつなんとか利益を出すことにつなげていこうとしているのが遺品整理.comです。

フィリピンへの輸出(売上の一部で貧しい子供の医療費助成)と、タイ直営店への輸出。

それが、この二本柱なのです。

タイは、すでに部分的には日本に追いつき、いづれ追い越す勢いの国です。きっと数年~十数年で追いつくでしょう。昔の中国のように・・・

フィリピンは・・・行ったことはありませんが、未だに汚職や貧富の差が激しく、あまり変わっていないそうです。

昔よりはよくなったらしいですが・・・

お国柄はそれぞれですが、日本らしいテイストが入った製品は好きな人には受けるらしいので、輸出・国内販売・など、物を仕分ける日々です。

それ以前に、処分する・しないもありますので、悩んでしまうことが多いです。

8~9割はぱっとみて決められることが多いのですが、中にはなかなか決めづらいものもあるのです。

連発でそういったものを見ると、本当に困ります。
決めなきゃならないのに・・^^;

もっともっと、経験を積まなくてはいけませんね

遺品整理の現実は・・普通の片付けだと思う

土曜日, 10月 30th, 2010
このブログでは、孤独死や自殺などについて色々書いていますが、全体から見ると最後を迎えられるとき、そのようなケースはかなり少数だと思います。

普通に病院なり自宅なりで亡くなられる方の方が多いでしょう。

そんな、普通のケースでも、遺品整理は必要です。

ご夫婦の世帯で旦那様が亡くなり、奥様がお子様と一緒に住まわれるので、不要になる分の家具や衣類等処分したい、その際に旦那様が持っていたもので不用なものを処分するといったようなケースが実は普通なのです。

ひとりごみの部屋に住み、誰に気づかれるでもなく亡くなり、腐乱した状態で発見されるようなケースが多いわけでは決してありません。

ですが、そういうケースが無いわけでもないし、なくさなくてはいけないと思います。

だからこそ、孤独死や自殺の後始末がいかに大変で凄惨なのか。。。そういったことを伝えて行くことで、抑止力が高まることを期待するのです。

遺品整理=凄惨な現場の掃除人 みたいなイメージはちょっとオーバーな気がします。

普通に片付けを・・気持ちを込めてするのが本来の姿でしょう。

そういったケースを専門にしている方は例外ですけど。

そろそろ庭木の冬囲い最終追い込みですね

土曜日, 10月 30th, 2010
車で走路を走っていると、結構造園業者さんのトラックを見かけます。
この時期は、来る積雪シーズンに備えて「庭木の冬囲い」がピークでしょうね。

昨年何度か実践して覚えた頃にはシーズンオフという中途半端な状況だったので、今年こそはマスターしてやろうと思いきや・・・結局なかなか声がかからないのと、遺品整理が忙しいので、未庭木の冬囲い現場に出撃していません;;

便利屋マサさんのブログでも紹介されていますが、結構現場が重なっているので今度は声がかかるかな?

・・・・
でも、遺品整理のお問い合わせも多いので、ひょっとすると今年は冬囲い出撃数0かも・・・