札幌市の遺品整理.com札幌 別館(遺品整理スタッフブログ)
中沢教授の「遺品整理」ブログ

Archive for 8月, 2010

家族の無縁化・・・北海道新聞

火曜日, 8月 31st, 2010
遺品整理.comの運営母体である株式会社ルーツ・オブ・ジャパンの代表取締役社長である湊源道が北海道新聞社の取材を受けました。

平成22年8月31日の紙面・「家族希薄・進む無縁化」と題した記事で遺品整理会社として取り上げられています。

北海道新聞記事

我々遺品整理会社のサービスに対する需要が高まる背景に、家族間の関係の希薄化が少なからず・・・・いえ、大きく関係しています。

記事でも紹介されたような、家族の過去帳や位牌すら不用であると処分を希望されるケースは稀有なことではありません。

自分は、遺品整理という仕事に携わることで生き方や家族など、自分の人生観が少なからず変化しました。

家族への向き合い方も少しですが変わった気がします。

遺品整理という仕事がなくなるということは考えづらいですが、その背景がこういったネガティブなものではなく前向きなものになってくれることを祈ります。

買取、回収させていただいた不用品

日曜日, 8月 29th, 2010
遺品整理.comでは、お客様の不用品を買取・回収させていただいてます。

家具(食器棚・タンス・サイドボードなど)や電化製品(概ね製造から~3年以内の物)、楽器(ピアノ・ギター・など)、それ以外にもヘルメットやスポーツ用品、電動工具など、使用可能なもので再販が可能な状態であれば無料査定・買取いたします。

国内で利益の出るものだけ買取・販売したほうが効率はいいのかもしれないですが、ゴミを減らして社会貢献したいというのが会社の理念にあり、なんとか少しでも多くの商品を誰かの手に渡すことに尽力しています。

そのために、国内だけではなく海外にも商品を輸出しています。

外国には、日本とは違った生活スタイルと価値観がありますので、商品を売るのは大変ですが、教えられることもたくさんあります。

そして、少し前の日本の製品(メイドインジャパン)は素晴らしいことを再認識しています。

数日前にテレビで話題になっていた「本間ゴルフ」さんが中国資本傘下に入ったことは、気持ちは複雑ですが日本のモノづくりの技術は世界のトップであることを再認識できますね。

モノづくりの技術・・この日本の誇りを先々まで伝えていける国であって欲しいと思います。

高校生むけ奨学金

木曜日, 8月 26th, 2010
少し前にいいニュースがないなぁ。なんて書いていましたが、今日の朝日で、高校生向け返済不要の奨学金制度検討というニュースを見てすこしだけ「いいかも」と思ってしまいました。

低所得者対象となっているのも、バラマキ制御出来ていていい感じです。

いつぞや、高校授業無償化の際に、できた格差の是正として機能してくれればいいなと思います。

そもそも、教育を受ける権利は国民に保証されている権利です。所得で格差が生まれるのは仕方ないことですが、それを助長する政策はいただけません。こういった格差を少しでも小さくする方向性にはとても賛同です。

文部科学省もたまにはいい仕事するんだね。

死亡時の手続き

木曜日, 8月 26th, 2010
誰かな亡くなれば、たくさんの手続きをしなくてはいけません。
居住している区役所や役場の住民課や、年金、保険、免許、会員、遺産・・・・
本当に大変です。

遺品整理.comでも、お客様の大変さを間近にいつも拝見しており、常々少しでも負担を軽くしてあげたい・・・それが会社の最も根本的なところです。

確認項目一欄をご用意しましたので、ぜひ一度忘れていることがないか確認してみてくださいね。

ゴミ屋敷状態のお部屋の遺品整理

水曜日, 8月 25th, 2010
先日、ブログでも書いた、NPO法人孤独死ゼロ研究会の中沢会長のコメントの中に、孤独死男性は、地域のコミュニティにうまく溶けこめない・掃除洗濯など家事ができない・といった悪循環から、決まってと言っていいほど部屋の中がゴミの山になっているそうです。
我々もそういったゴミ屋敷(ゴミ部屋)状態のお部屋の遺品整理を何度もしてきました。

ブログやサイトではあまり汚い表現や写真など載せられませんが、トイレもギリギリが、もう使えないくらいゴミの中であったり、お風呂場の中もカビや水垢で真っ黒な上にゴミが押し込まれている状況だったりします。

ゴミだらけのごみ部屋は街のいたるところに存在します。

嘘だと思うかもしれませんが、何も出来ないのでごみを溜め込んでしまう高齢者の方や、若い人でも、何かの拍子に掃除できなくなってしまい、ゴミを溜め込んでいる人がたくさんいるのです。

整理されてる方ですよ・・・

そんな部屋には、実は危険がいっぱいです。

・コンセントのショート等による火災

・雑菌の繁殖
・害虫の繁殖
・害獣の侵入
・ゴミの重さによる破損

健康にも部屋にも良くない状況なのはおわかりいただけるのではないでしょうか?

もし・・・そんな状況だったら・・

便利屋もしもぼっくす札幌

ゴミ屋敷解決
お部屋の修理
ハウスクリーニング

同時にご遺品の整理をご希望なら、遺品整理.comへ

遺品の整理とお部屋のお掃除や修理を一括でご依頼いただけます

孤独死

月曜日, 8月 23rd, 2010
人の死という出来事に近い仕事をしているせいなのか、孤独死という出来事について時折考えることがあります。

NPO法人孤独死ゼロ研究会の中沢卓実理事長(偶然同姓なのです^^;)のコメントをライブドアニュースで読みました。

自己中心的な人間の育成が孤独死という現象を引き起こし、その起点は家庭にある。

国・地方など行政の関わるべきありかたなどにも触れているのですが、心の貧しさについてのところに共感できます。

そして、自分を振り返り、考えさせられるモノがありました。

自分もまさに仕事で家族と一緒の時間が少なく、妻も仕事。

子供についても一緒にいる時間が少なく、教えてあげるべきことや、一緒に実践してあげるべきことが出来ていない。

孤独死なんて、独居老人だけが心配すればいい出来事みたいですが、根底にあるものはまさしく今の自分がなすべきことのずっと先にあるんですね。

未来は今の積み重ね・・。

今を大事にすれば、未来は変わる。

そう思える自分で