札幌市の遺品整理.com札幌 別館(遺品整理スタッフブログ)
中沢教授の「遺品整理」ブログ

Archive for the ‘遺品整理の現場から’ Category

遺品整理の現場から

土曜日, 6月 29th, 2013
こんにちは。
札幌で遺品整理といえば「遺品整理.com」!!

助手の吉住です。

 

 

シリーズ「遺品整理の現場から」です。

 

先日お伺いしたお宅は、古い木造アパートの一室でした。

 

ご遺族は遠方からの来札されておりまして、時間があまりないとのことでした。

 

一日目で見積と買取査定を終わらせ、二日目で当社スタッフ総動員で片付のお手伝いをさせていただきました。

 

「夕方までに終わらせなければいけない。」という意識が、スタッフ全員の士気をあげ、無事に終了させることができました。

 

最後の精算時に、お客様より

「絶対終わらないと思っていたのに、手際良く、しかも丁寧に亡くなった父のものを片付けてくださり、ありがとうございます。」

と、おっしゃっていただけました。

 

急なご依頼にも、社を挙げて全力で取り組む。

私たちの力の見せ所です!!

 

 

遺品整理.com

【便利屋もしもぼっくす】の遺品整理事業部です。

携帯電話からでも24時間対応可能なフリーダイヤルへ

0120-828-964

 

.comは札幌だけではなく、全国各地に拠点を展開中です。
札幌
室蘭
北見

 

遺品整理 札幌

遺品整理.com ヤフーロコ
遺品整理.com フエイスブックページ

岩見沢で、故人の思いを垣間見る。

金曜日, 6月 28th, 2013
こんにちは。
札幌で遺品整理といえば「遺品整理.com」!!

助手の吉住です。

 

札幌は春をちょこっと感じた後、すでに初夏の勢いです。

 

先月、岩見沢で遺品整理のお手伝いをさせていただきました。

 

休憩をいただいて、建物の外に出ると、作業前には気がつかなかった光景が広がりました。

 

 

 

芝桜

 

 

お庭にたくさんの花が咲き乱れていました。

 

恥ずかしながら、4色の芝桜を始めてみました。

 

感動して、写真に撮っていると、ご依頼人がお話しくださいました。

 

「おばあちゃんが一番大事にしてたものは、この庭だったのよね。」

「持ち帰れないけど、私も写真にとっておこうかしら。」

 

それから、一つ一つの花に関するエピソードを聞かせていただきました。

 

何気ない光景ですが、目を止めると、すべてが故人の思い出につながっているのだなと思いました。

 

 

.comは札幌だけではなく、全国各地に拠点を展開中です。
札幌
室蘭
北見

 

遺品整理 札幌

遺品整理.com ヤフーロコ
遺品整理.com フエイスブックページ

遺品整理の現場から

金曜日, 5月 31st, 2013
こんばんは。
札幌で遺品整理といえば「遺品整理.com」!!

新人スタッフの吉住です。

 

久しぶりに「シリーズ 遺品整理の現場から」です。

 

今日は、普段から気をつけていること、です。

 

前にも書きました「分別ぼっくす」システムですが、意外とこの仕分けに慣れるまでが大変です。

普段、家庭でのごみの分別は不燃・可燃・ビンカンペットボトルなどなどですが、ゴミを宝に変える当社の理念の下、自分たちで出したゴミも、きっちりこまかく仕分けます。

10種類以上の分別方法を、作業中に迷わないために、自分たちの事務所内で出た不要品の仕分けも細かく行います。

 

「ここ(事務所)でできないことは、現場でできるわけがない。」

 

中澤教授の格言を頭に叩き込んで、迅速な作業のためにできることはとことん突き詰めていきます。

 

遺品整理.com

【便利屋もしもぼっくす】の遺品整理事業部です。

携帯電話からでも24時間対応可能なフリーダイヤルへ

0120-828-964

遺品整理の現場から

日曜日, 4月 14th, 2013
こんばんは。
札幌で遺品整理といえば「遺品整理.com」!!

新人スタッフの吉住です。

 

シリーズ化してきた「遺品整理の現場から」ですが、今日は作業風景をチラッとお見せします。

 

遺品整理の現場で大切なことは、「丁寧に扱う。」この一言に尽きると思います。

 

依頼者様にとって不要なものの集まりでも、一つ一つを見ればいわゆる「ゴミ」になるものは意外と少ないんです。

 

「ゴミ」を減らす。当社の理念の一つでもあります。

 

それをどのように実践しているかといいますと・・・。

 

 

 

じゃーん!

2013-04-05 10.43.59

 

名付けて、「分別ぼっくす」!!

 

何のひねりもないネーミングでしたが、威力は抜群です。

 

作業効率が全然違います。

 

しかもきっちりし分けるので、ひとつひとつ手に取ったものと真剣に向き合えます。

 

真剣にゴミ削減と向き合う「便利屋もしもぼっくす」の「遺品整理.com」です。