札幌市の遺品整理.com札幌 別館(遺品整理スタッフブログ)
中沢教授の「遺品整理」ブログ

Archive for the ‘行政’ Category

党首選 

金曜日, 9月 14th, 2012
各党党首選が行われています。

今回は、次の選挙で維新の会などの影響勢力関係がどのようになるのか、興味があるところです。

各党の党首選に立候補者が多めなようですが、次の党首はおいしいのかな???

なんて、自分の国の将来に大きく影響することを野次馬的に見ちゃうのは・・・

次の選挙、どこの誰に一票入れるか、本当に悩むわけです。

札幌市高齢者単身世帯 孤立死の問題

金曜日, 8月 31st, 2012
札幌市の高齢者単身世帯は1995年の3万世帯強から、2005年で7万世帯。
サッポロ孤立死ゼロ推進センターシーズネットさま資料から
10年で倍増しています。

孤立死は高齢者だけの問題ではありませんが、急な病死や事故の確率は高齢者の方のほうが高いので、高齢者の単身世帯がフォーカスされているのでしょう。

若い方の病死や自殺の現場に行くこともありますが、実際にご遺品整理のご依頼をいただき片付ける機会が多いのも事実です。

孤独死・孤立死の決まった定義は無いようですが、自宅などで死後一定時間が経過して発見される場合に孤立死とされているようです。

完全な把握は出来ていないようですが、孤立死のうち、行政や地域の力で防止できたかもしれない事案もあったかもしれない(先日の札幌の餓死)かと思うと、もう一歩対策や実態把握に力を入れて欲しいと思うのです。

衆員一票の格差是正と議員数【遺品整理.com 札幌】

水曜日, 7月 25th, 2012
ぅぅん

これは意外な展開です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120725-00000087-jij-pol

定数削減せずに格差是正をちょっとした定数修正で乗り切るつもりのようです

がっかりな結果に・・・

青年後見制度、TPP、など

土曜日, 11月 19th, 2011
かなり久しぶりの更新になってしまいました。

最近自分は後見制度について時間の空きがあれば調べたりしているのですが、Wikiの後見人制度を見る通り、後見人の資質と制度を悪用する人間がいることに非常に悲しい思いです。

後見制度は国会でも取り上げられたりしていますが、今一メディアには出てこない話題です。

でも、高齢化社会において非常に重要な制度であり、しっかり制度を策定しないといけないと思います。

TPPなどの問題が取り上げられていますが、これも大事ですが、本質が理解できそうな報道がありませんし、おそらくわかりやすくきちんと説明できる方は少数なのではないかと思います。

年金問題なども迷走中、日本はどこへ向かっているのでしょう??

民主党はいよいよ代表選・・・しかし気になるのは

土曜日, 8月 27th, 2011
今日もニュースをにぎわせている民主党の動向ですが、先日ちょっとした報道が気になりました。

~派は鳩山元首相に判断をゆだねることに・・・

あれ??

あれれ??

違和感ありませんか??

国民の声=現在の議員であり、彼らは選挙区を自分と党の公約(マニフェスト)で勝ち上がってきたのです。

そして、選ばれた彼らが選ぶ人=首相は国民の代表となる図式なのに、そこを党の都合にゆだねるのですか??

政局・政治ゲーム・自分の処遇>国民・選挙区の声 という判断で良いんですね?

もちろん過去にも似たようなことはあり、政治の常かもしれませんが、それこそ政治ゲームですよね??

正直、無いですよ。これは・・

民主党代表選で首相交代・・・それでいいのでしょうか??

月曜日, 8月 22nd, 2011
民主党内があわただしいようです。

菅首相辞任の条件が26日に揃う事から、代表選を行うようです。

さて、民主党はマニフェストをかなり妥協して修正し、この状態ですが、これでいいのでしょうか??

正直、解散する方が妥当ではないかと思います。

震災前・震災後、菅首相の言動は一国の首相としてはいかがなものかと思いますが、場当たり的に主張や方針を変更するのは首相のみならず民主党の特徴ですね。

状況に合わせて柔軟に対応しているのと、方針をコロコロ変えるのでは何かが違うきがします。

もちろん、自分は民主党がどうだとか自民がどうだとか、そういう事ではなく、軽く変えるべきところと、絶対に譲るべきではないところがあるのではないかと言う事がいいたいのです。

国民のためにこれをやる!と言って出したマニフェストですが、大事なところがすべて骨抜き・ないがしろでは、選挙に勝って現在与党となっている理由がないのです。

震災対応が終わらないのに、公約は投げ捨てて自分たちが選んだ首相を引きずりおろすことに躍起になっている様は情けなくなります。

こんなことをしている人たちが税金で食っているのかと思うと腹が立ちます。

自分は有権者で納税しているわけですから、これを言う資格はあると思います。

大事なことのはずが、いつの間にかどうでもよい事のように・政局の道具として扱われている現状は何とも言えないです。