札幌市の遺品整理.com札幌 別館(遺品整理スタッフブログ)
中沢教授の「遺品整理」ブログ

Archive for the ‘家族’ Category

札幌市西区の遺品整理で考えさせられたこと

金曜日, 6月 28th, 2013
こんにちは。
札幌で遺品整理といえば「遺品整理.com」!!

助手の吉住です。

 

 

先日お伺いした遺品整理の現場で、考えされることがありました。

 

ご依頼人は、アパートの大家さん。

 

亡くなられた方は、家族入るものの、離婚されており、何十年も音信不通とのことでした。

 

大家さんが連絡を取っても知らない関係無いの一点張りだったとのこと。

 

ご遺品の中には、お子さんが小さかった頃の写真が、大きなアルバムにきれいに整理して貼られていました。

 

このご家族に何が起きて、こうなってしまったのか、知るすべはありませんが、故人と家族をつなぐ最後の作業に一切かかわらない状況に、心が苦しくなりました。

 

孤独死、無縁社会が叫ばれるなか、こういうケースが一つでもなくなることを、願ってやみません。

厚別区で施設入居のための見積

日曜日, 6月 9th, 2013
こんばんは。
札幌で遺品整理といえば「遺品整理.com」!!

新人スタッフの吉住です。

 

札幌市内、暑くて熱いです!

以前の肌寒さとは打って変わって、快晴で暑いくらいです。

「よさこい」祭りも本日最終日。

精一杯、華やかな踊りをたくさんの方が楽しめたのではないかなと思います。

 

 

 

先週、札幌市は厚別区に御見積りに行ってきました。

施設入居のため不要品をどうにかしたい、というご要望。

 

引っ越しに伴う不要品の片づけかなぁと思っていました。

お伺いすると、製造年数の近い比較的新しい電化製品のオンパレード。

一人暮らしのために買いそろえたけれど、やっぱり不安で・・・。とのお話。

 

一品一品、丁寧に査定させていただき、買取品多数でご満足の受注をいただけました。

予算よりも大幅な低料金だったようで、「よさこいで頑張っている孫のためにご褒美が買えるかも。」と満面の笑顔でした

札幌で地下室の遺品整理

土曜日, 6月 1st, 2013
こんばんは。
札幌で遺品整理といえば「遺品整理.com」!!

新人スタッフの吉住です。

 

先日、札幌市内で遺品整理を行った際、依頼人も気づかず、スタッフとともに「えっ?」となった現場がありました。

 

作業も終盤にかかったころ、スタッフの一人がそれを発見しました。

隠し扉のようになっているふすまを開けると、地下室とまではいかないまでも、少し床の下がった広い納戸の様なところがありました。

依頼人も気づかなかった(独立後、両親が引越してきた家)ようで、「こんなにあるのか・・・。」と。

ぱっと見、骨董品が多いように見受けられたので、すぐさま別の現場で見積していた「査定士」を呼び、見積もりをしました。

 

結果、高額商品のオンパレードになり、当初の見積金額よりもお安く作業できる金額になりました。

「最後のプレゼントなのかな。」とは、ご依頼人の言葉。

査定士が一番高額な物を「とっておかれたらどうですか?」と話しかけ、依頼人は形見として持ち帰りました。

 

故人からご遺族への「思い」をバトンタッチできるようにする。

この仕事が大好きな瞬間です。

 

遺品整理.com

【便利屋もしもぼっくす】の遺品整理事業部です。

携帯電話からでも24時間対応可能なフリーダイヤルへ

0120-828-964

時の止まった部屋

月曜日, 4月 8th, 2013
こんばんは。
札幌で遺品整理といえば「遺品整理.com」!!

新人スタッフの吉住です。

 

先日、札幌市内の遺品整理の現場で、不思議な感覚を覚えました。

っていっても、幽霊とかではそういった類の話ではありませんよ。

 

その現場は、孤独死現場でした。

生活保護を受けている身寄りのない中年の男性の居室でした。

それだけでしたら、特に違和感を感じることもなく、粛々と作業をするのですが。

 

キッチンの片づけが終わり、今のテーブルを片付けようと思った時でした。

いつもだったら何気ない光景に違和感を覚えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

飲みかけののビール

 

 

 

 

飲みかけだったんです。

家族に知り合いにみとられたのなら、決してあり得ない光景でした。

 

改めて、ここで、この場所で人が亡くなったんだと感じました。

その瞬間から、ここでは時が止まってしまったんだと思いました。

故人はどんな気持ちで、最後の時を迎えたのか・・・。

その場にいながら、いろいろなことを考えてしまいました。

 

 

 

 

 

遺品整理の仕事は、時が止まった部屋に、新たな時間を流れさせる、そんな仕事です。

ご冥福を祈るとともに、部屋や物が新たな時間へ歩みを始めるお手伝いを、させていただきました。

降雪の少ないこの時に。遺品整理.com

月曜日, 1月 28th, 2013
こんばんは。
札幌で遺品整理といえば「遺品整理.com」!!

新人スタッフの吉住です。

 

ここ最近の札幌は雪こそ降っていますが、以前ほどの大雪ではなく、一時の静けさを取り戻したかのようです。

 

その中でも、増えてきているのが、空き家の除雪です。

ご自宅の除雪がひと段落し、ご検討されている方がおおこうなってきたのではないでしょうか。

 

以前お伺いしたお客様も、ご自宅の除雪は済んだので、空き家となったご実家の除雪を当社「便利屋もしもぼっくす」にご依頼されました。

そろそろ形見分けなどの遺品整理をしなければとお考えでしたので、当社のサービスをご案内させていただきました。

 

まだまだ、札幌の雪は続きます。

雪まつりもそろそろですね。

 

除雪からの遺品整理。

ご依頼お待ちしております。

 

遺品整理.com

【便利屋もしもぼっくす】の遺品整理事業部です。

 

携帯電話からでも24時間対応可能なフリーダイヤルへ

0120-828-964

 

 

「生前整理」承ります。遺品整理.com

土曜日, 1月 12th, 2013
こんばんは。
札幌で遺品整理といえば「遺品整理.com」!!

新人スタッフの吉住です。

 

 

「生前整理」っていう言葉を、ご存知ですか?

グループホームなど滞在型の施設にお入りになる方が、今まで住まわれていたところの家財道具などを整理なさることです。

元気なうちにご自身でなさる方もいらっしゃいますが、急に倒れられたときなど、ご家族の方からのご依頼も増えています。

 

先日も、札幌市内で「生前整理」のお仕事をしてまいりました。

遺品整理とはまた違った雰囲気で、同様に気の引きしまる現場です。

滞在型の老人ホームに入居なさるかたのご家族からのご依頼でした。

必要なものを、お客様からご相談いただき、一つ一つ仕分けをしながらの作業でした。

見つからないだろうとおっしゃっていた写真や小物など、必要品はすべて見つけることができ、お客様のお手元に戻すことができました。

「これが見つかったとおばちゃんが聞いたら喜びます。」

という、お客様のほっとした笑顔が印象的でした。

 

また、贈答品の未開封のものがたくさんありましたので、すべて買い取りとさせていただきました。

高価なアクセサリーなど、価値の高いものも一つ一つ説明しながら合わせてお引き渡ししました。

 

 

私たちはご遺族の方に安心してご利用していただける、「遺品整理士」のいる遺品整理業者です。

遺品整理.com

【便利屋もしもぼっくす】の遺品整理事業部です。

生前整理のご相談も承っています。

携帯電話からでも24時間対応可能なフリーダイヤルへ

0120-828-964