札幌市の遺品整理.com札幌 別館(遺品整理スタッフブログ)
中沢教授の「遺品整理」ブログ

きれいな室内の遺品整理も

こんばんわ

たまーにこのブログでも、遺品整理の現場のことを書きます。

それは、印象に残った現場のことを書くことが多いのです。

ですが、そうすると遺品整理という仕事はこんな感じなのではないかと印象を持たれそうです。

・死臭に満ちた過酷な室内での作業

・ゴミ屋敷同然の汚い部屋の掃除
・ハエや蛆虫がわいており、退治する

無いわけではありませんが、ごくまれなケースです。

先日お邪魔いたしました豊平区の現場は、故人さまが非常に几帳面な方で、物の量が非常に多いのでご遺族様(お客様)が我々にご依頼くださいましたが、きちんと片付けられていて・・・それこそ、自分の家よりずぅ~っときれいでしたw

ほとんどのものが、プラスチックケースなどに種類ごとに分けられており、ごみはほとんどなく、運び出すのにもあまり時間がかかりませんでした。
量がとても多かったので大変でしたが・・・(4t車2台半^^;)

ゴミ屋敷状態といわれるような状態は、単身の男性が住まわれていたケースが本当に多いです。

札幌市各区の生活課さまからのご依頼はこのケースが多いです。

ケースワーカーさんなどが生前出入りされているようなケースですね。

行政も、すべてとはいきませんが、きちんといろいろケアしてくれているのです。ただ、手の回らない部分もあるのが現実ですね・・・

話がそれましたが、時々きれいな現場・・・ふつうは普通の生活状態・・時々散らかった部屋・・・ごくまれに過酷な状況・・と、言ったところです。

そんな遺品整理の仕事に興味を持った方は、ぜひ一度求人に応募してみませんか?

常勤・登録制など、働き方も相談に応じます。
札幌市の便利屋もしもぼっくすの求人情報

Tags: , , ,

Leave a Comment